ミャンマーのサイクロン被害

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ミャンマーのサイクロン被害

今月2日から3日にかけて、サイクロン「ナルギス」が、ミャンマー南西部の海沿いにあるデルタ地帯を通り過ぎた。軍事政権の発表では死者7万7738人、行方不明者5万5917人だが、死者だけで最大約12万8千人に達すると推計する国際機関もある。

(2008-05-26 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android