コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミャンマーの民族と宗教

1件 の用語解説(ミャンマーの民族と宗教の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ミャンマーの民族と宗教

政府は多数派の民族ビルマに加え、シャンやカチン、カレンなど計135の民族がいるとしており、そのほかに中国系やインド系なども住む。都市部では複数の民族を祖先に持つ人も多い。宗教では、仏教徒が大半を占め、キリスト教イスラム教徒も暮らす。1983年の国勢調査をもとにビルマ族が7割、仏教徒が9割と推計されるが、データの信頼性を疑う見方もある。

(2016-03-24 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ミャンマーの民族と宗教の関連情報