コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミャンマー総選挙

1件 の用語解説(ミャンマー総選挙の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ミャンマー総選挙

民主化運動指導者アウン・サンスー・チーさん率いる国民民主連盟(NLD)が圧勝した1990年以来、20年ぶりの総選挙。軍事政権は前回選挙の結果を認めずに政権委譲を拒み、スー・チーさんを自宅軟禁したほか、民主化活動家の多くを投獄した。今回の総選挙は、軍政が「独自の民主化プロセス」の一環として実施する。しかし、新たに施行された選挙関連法で民主化勢力の選挙参加を困難にするなど公正さを欠く。

(2010-10-27 朝日新聞 朝刊 1外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミャンマー総選挙の関連キーワード新文化運動アウンサンスーチースーチーミャンマーと民主化運動ミャンマー軍事政権ミャンマー問題ミャンマー新憲法案ミャンマー軍事政権と民主化ミャンマーの軍事政権ミャンマーの民主化と総選挙

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ミャンマー総選挙の関連情報