コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミヤオ・ヤオ諸語 ミヤオヤオしょご Miao‐Yao

1件 の用語解説(ミヤオ・ヤオ諸語の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ミヤオヤオしょご【ミヤオ・ヤオ諸語 Miao‐Yao】

中国西南部やインドシナ半島北部に散在するミヤオ(苗)族ヤオ(瑶)族の言語の総称。ミヤオ語Miaoとヤオ語Yaoの言語的関係はまだ不明の点があり,そのうえ両語をまとめるにしてもそれがどの言語系統に属するかも確かでない。普通シナ・チベット語族に入れるが,モン・クメール語族説も無視できない。音韻的特徴はミヤオ語が語頭子音が複雑であるのに対し,ヤオ語は簡単であり,逆に語末子音はミヤオ語には(まれにn)しかない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ミヤオ・ヤオ諸語の関連キーワードインドシナ半島東アジアマレー半島林邑南アジア語族南支那海チャンパー東インドヤオチャム

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone