コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミヤコザサ(都笹) ミヤコザサSasa nipponica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミヤコザサ(都笹)
ミヤコザサ
Sasa nipponica

イネ科のタケササ類の1種。本州,四国,九州に広く分布する。山地樹陰に群生し,いわゆる笹原をつくる。地下茎が長く地中をはって繁殖する。は直立し,1mぐらいになる。は稈の先端に数個掌状につき,長楕円状披針形,葉は薄く,裏面に細毛がある。冬季はクマザサのように葉縁が白くなる。夏に,ときどき開花し,小型で短い円錐花穂をつける。葉が薄く軟らかく,ケイ酸分が少いので,牛馬が好んで食べる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ミヤコザサ(都笹)の関連キーワードイネ科

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android