コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミヤコドリ ミヤコドリ Haematopus ostralegus; oystercatcher

3件 の用語解説(ミヤコドリの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミヤコドリ
ミヤコドリ
Haematopus ostralegus; oystercatcher

チドリ目ミヤコドリ科。北半球高緯度地域,アフリカの熱帯地域,東洋区を除いた世界各地の沿岸に広く繁殖分布し,北方で繁殖するものは南方に渡って越冬する。日本には少数が春秋の渡りのときにまれに渡来するほか,越冬するものも少数ある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ミヤコドリ

ミヤコドリ科の鳥。翼長26cm。頭頸や背面は黒色,腹面や翼の一部は白色,冬羽には喉(のど)に白帯がある。くちばしは赤色。ほとんど世界的に分布し,日本にはシベリア東部,中国東北部などで繁殖するものが旅鳥として渡来するが,まれ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミヤコドリ
みやこどり
oystercatcher

広義には鳥綱チドリ目ミヤコドリ科に属する鳥の総称で、狭義にはそのうちの一種をさす。この科Haematopodidaeの仲間は、南・北アメリカヨーロッパ、アフリカ南部、オーストラリアニュージーランドアジア極東部などの沿岸と、カスピ海北部一帯の内陸部に6種が分布している。全長42~51センチメートル。背が黒く腹が白色のものと、全身黒色のものがいる。嘴(くちばし)は赤色で、薄いナイフのような形をしており、二枚貝に差し込んであけてしまう。貝類のほか、甲殻類、ミミズ類なども食べる。ヨーロッパでは個体数が少なくないが、他の地方では減少している。巣は、背の低い草地や海岸の荒れ地にくぼみを利用してつくり、草などを敷いて3~4卵を産む。群れをつくる。
 種のミヤコドリHaematopus ostralegusは、ヨーロッパ、アジアの海岸に広く分布している。日本でも全国に渡来するが、数は少ない。全長50センチメートル。体の上面、頭、尾の先は黒色で、腹、背、尾の半分は白色。翼に白帯がある。足、嘴は赤色、目も赤い。砂浜や干潟にすみ、最近は越冬するものもいる。
 なお、江戸時代まではミヤコドリ(都鳥)とよぶのはカモメ目カモメ科のユリカモメLarus ridibundusのことで、混同しないよう注意が必要である。[柳澤紀夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミヤコドリの関連キーワード北半球鵤千鳥高緯度小千鳥白千鳥都鳥都鳥貝北極振動京鳥ミヤコドリ(都鳥)

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone