コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミヤマウスユキソウ(深山薄雪草) ミヤマウスユキソウLeontopodium fauriei

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミヤマウスユキソウ(深山薄雪草)
ミヤマウスユキソウ
Leontopodium fauriei

キク科多年草。本州北部に分布し,高山帯日当りのよい乾燥地に生える。茎は高さ 10~15cm。根出葉は線状倒披針形で長さ 5cm。茎葉は互生し線形で,両面白色の綿毛におおわれ,特に下面で著しい。茎頂には白毛におおわれた包状葉が星のように輪状に並ぶ。7~8月,包状葉の中心に白色頭状花を密生する。総包は球形。痩果には4本の角状突起があり,冠毛が生える。本種はヨーロッパアルプスのエーデルワイスによく似ていて,登山愛好家に好まれる。別名ヒメウスユキソウまたはヒナウスユキソウ

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ミヤマウスユキソウ(深山薄雪草)の関連キーワード至仏山月山

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android