コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミヤマウスユキソウ(深山薄雪草) ミヤマウスユキソウLeontopodium fauriei

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミヤマウスユキソウ(深山薄雪草)
ミヤマウスユキソウ
Leontopodium fauriei

キク科多年草。本州北部に分布し,高山帯日当りのよい乾燥地に生える。茎は高さ 10~15cm。根出葉は線状倒披針形で長さ 5cm。茎葉は互生し線形で,両面白色の綿毛におおわれ,特に下面で著しい。茎頂には白毛におおわれた包状葉が星のように輪状に並ぶ。7~8月,包状葉の中心に白色頭状花を密生する。総包は球形。痩果には4本の角状突起があり,冠毛が生える。本種はヨーロッパアルプスのエーデルワイスによく似ていて,登山愛好家に好まれる。別名ヒメウスユキソウまたはヒナウスユキソウ

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ミヤマウスユキソウ(深山薄雪草)の関連キーワード至仏山月山

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android