ミヤマウラボシ(深山裏星)(読み)ミヤマウラボシ(英語表記)Crypsinus veitchii

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミヤマウラボシ(深山裏星)
ミヤマウラボシ
Crypsinus veitchii

ウラボシ科の小型の夏緑性シダ植物。岩上に着生する。九州を除く日本各地の亜高山から高山にまれにみられ,朝鮮半島,中国にも分布する。根茎は長く匍匐し淡褐色の鱗片を密生し,葉をまばらにつける。葉は長さ 15cm前後になり,葉身は羽状に深裂し,羽片は1~4対あり,先端は鈍頭で縁に微細鋸歯がある。胞子嚢群は羽片のやや中肋寄りに1列に並んでつき円形,包膜はない。胞子は両面体型。近縁種にヤクシマウラボシ C. yakuinsularisがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android