ミヤマエンレイソウ(深山延齢草)(読み)ミヤマエンレイソウ(英語表記)Trillium tschonoskii; wake-robin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミヤマエンレイソウ(深山延齢草)
ミヤマエンレイソウ
Trillium tschonoskii; wake-robin

シュロソウ科の多年草。シロバナエンレイソウともいう。日本,朝鮮半島およびサハリンに分布し,温帯山地の樹陰に生える。地下茎は太く横にはい,じょうぶな根を出す。は直立し無毛で,頂部に広卵状菱形の葉を3枚輪生し,基部は鱗片葉でおおわれる。葉の先端はとがり,両面とも無毛で3~5本の主脈とそれを結ぶ網状脈がある。春に,茎頂から1本の花茎を出し,先端に白色花を単生する。内外の花被片は各3枚,おしべは6本で (やく) と花糸の長さがほぼ同長。近縁種のオオバナノエンレイソウ T. kamtschaticumは花がより大きく,葯のほうが花糸より長い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android