コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミヤマキケマン(深山黄華鬘) ミヤマキケマン Corydalis pallida

1件 の用語解説(ミヤマキケマン(深山黄華鬘)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミヤマキケマン(深山黄華鬘)
ミヤマキケマン
Corydalis pallida

ケシ科の越年草で,近畿地方より東の本州の山地のやや湿ったところに生える。全体に小型で多汁質,やや悪臭があり,茎は叢生して斜上し,高さ 50cmぐらいになる。葉は薄く粉白色を帯びて2回羽状に細裂する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミヤマキケマン(深山黄華鬘)の関連キーワード近畿地方ケシ近畿野芥子浜匙紫華鬘山百合黄華鬘草の黄子持万年草