コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミヤマザクラ(深山桜) ミヤマザクラPrunus maximowiczii

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミヤマザクラ(深山桜)
ミヤマザクラ
Prunus maximowiczii

バラ科の落葉高木。日本の北部,サハリン朝鮮半島,ウスリーに分布し,深山に生える。高さは5~10mになり,若枝には毛が多い。葉は互生し,倒卵形で,葉柄とともに短毛がある。5月頃,葉腋から短い総状花序を出し,5~6個の白色5弁花を咲かせる。花径は 2cmぐらいで,花弁の先端はほかのサクラのようにくぼまない。また花軸葉状包葉をつける点が特徴的である。果実は小球形で,夏に紅紫色に熟する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android