ミヤマザクラ(深山桜)(読み)ミヤマザクラ(英語表記)Prunus maximowiczii

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミヤマザクラ(深山桜)
ミヤマザクラ
Prunus maximowiczii

バラ科の落葉高木。日本の北部,サハリン朝鮮半島,ウスリーに分布し,深山に生える。高さは5~10mになり,若枝には毛が多い。葉は互生し,倒卵形で,葉柄とともに短毛がある。5月頃,葉腋から短い総状花序を出し,5~6個の白色5弁花を咲かせる。花径は 2cmぐらいで,花弁の先端はほかのサクラのようにくぼまない。また花軸葉状包葉をつける点が特徴的である。果実は小球形で,夏に紅紫色に熟する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android