コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミヤマダイコンソウ(深山大根草) ミヤマダイコンソウParageum calthaefolium

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミヤマダイコンソウ(深山大根草)
ミヤマダイコンソウ
Parageum calthaefolium

バラ科の多年草。千島,北海道,本州 (近畿地方以北) ,四国 (石鎚山) などの高山岩石地に生育する。根茎は太くはい,枯れた葉柄でおおわれる。茎は高さ 10~30cm,葉柄とともに黄褐色のあらい剛毛がある。根出葉は柄があり奇数羽状複葉。頂小葉は大きく径7~12cm,円形で基部は心形,縁にふぞろいな欠刻歯がある。側小葉はごく小さい。茎葉は小型で柄がなく茎を抱く。7~8月,径2~3cmの黄色の花が咲く。は黄褐色の毛があり,裂片は5枚,その外側に萼裂片と互生する5枚の副萼は線形で小さい。おしべは多数。痩果も多数であらい毛があり,花柱は伸びて長さ 10~13mmとなる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android