コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミヤマワラビ(深山蕨)(読み)ミヤマワラビ(英語表記)Phegopteris connectilis; beech fern

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミヤマワラビ(深山蕨)
ミヤマワラビ
Phegopteris connectilis; beech fern

オシダ科の夏緑性シダ植物。北半球の温帯上部から亜高山帯に広く分布し,東北地方以南では深山,東北地方および北海道では平地にみられる。根茎は長く匍匐し,葉をまばらにつける。葉は長さ 30cm前後になり,葉身は2回羽状に深裂し,葉の上部では羽片の基部は流れて翼となる。植物体全体に毛がやや密につき,鱗片は薄い膜質の線状披針形で,葉柄から羽軸にかけてまばらにつく。胞子嚢群は小羽片の縁寄りにつき,円形で包膜を欠く。胞子は両面体型。一般にはアポガミーにより繁殖する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android