コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミヤマワラビ(深山蕨) ミヤマワラビPhegopteris connectilis; beech fern

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミヤマワラビ(深山蕨)
ミヤマワラビ
Phegopteris connectilis; beech fern

オシダ科の夏緑性シダ植物。北半球の温帯上部から亜高山帯に広く分布し,東北地方以南では深山,東北地方および北海道では平地にみられる。根茎は長く匍匐し,葉をまばらにつける。葉は長さ 30cm前後になり,葉身は2回羽状に深裂し,葉の上部では羽片の基部は流れて翼となる。植物体全体に毛がやや密につき,鱗片は薄い膜質の線状披針形で,葉柄から羽軸にかけてまばらにつく。胞子嚢群は小羽片の縁寄りにつき,円形で包膜を欠く。胞子は両面体型。一般にはアポガミーにより繁殖する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android