ミュラー(読み)みゅらー(英語表記)Fritz Müller

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミュラー(ドイツの動物学者 Fritz Mller)
みゅらー
Fritz Mller
(1821―1897)

ドイツの動物学者。のちにブラジルに渡る。ベルリン、グライフスワルト両大学で医学と博物学を修め、1852年以来ブラジルに移って事業を営み、かたわら昆虫類、甲殻類などの生態学的研究を行い、とくにチョウの擬態や昆虫のはねの起源に関する研究でよく知られる。C・R・ダーウィンの進化論をいち早く受容して主著『ダーウィン賛同』(1864)を書き、また発生学ではE・H・ヘッケルに先だって生物発生原則を唱えた。[八杉貞雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ミュラーの関連情報