ミュラー(読み)みゅらー(英語表記)Wilhelm Müller

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミュラー(ドイツの詩人 Wilhelm Mller)
みゅらー
Wilhelm Mller
(1794―1827)

ドイツの詩人。ベルリン大学で学んだのち、生地デッサウで高校教師を勤めながら詩作、翻訳などの文学活動に従事した。『旅する角笛(つのぶえ)吹きの遺稿詩集』(1820~24)に収められた民謡調の叙情詩のうち、『美しい水車屋の娘』と『冬の旅』はシューベルトの作曲で知られる。ギリシア独立戦争に共感して書いた『ギリシア人の歌』(1821~26)もある。ほかに旅行記やエッセイなども多い。[石井不二雄]
『W・ミュラー、J・W・ゲーテ他著、瀧崎安之助編訳『ドイツ・リート詞華選』(1983・新地書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ミュラーの関連情報