コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミュレ Muret, Marc-Antoine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミュレ
Muret, Marc-Antoine

[生]1526.4.12. リモージュ近郊ミュレ
[没]1585.6.6. ローマ
フランスのユマニスト,古典学者。ラテン名 Muretus。異端的思想と非道徳的行為のかどで国外に追放され,1563年以後はローマ大学教授として,プラトンアリストテレスキケロ,ラテン詩人,ローマ法などを原典批評的に論じ,モンテーニュをはじめ全ヨーロッパの人文主義者に多大の影響を与えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ミュレの関連キーワード平成関東大震災/いつか来るとは知っていたが今日来るとは思わなかったコンピューター・シミュレーションインダストリアルダイナミックスマネジメント・シミュレーションモンスターファームアドバンス2実戦パチンコ・パチスロ必勝法!モンスターファームアドバンスニルス・グスタフ ダレインフライト・シミュレータープロセスシミュレーションポケモン+ノブナガの野望ペドロ2世[アラゴン王]パイロットウイングス64シミュレーションゲームCADシミュレーションシミュレーション天文学シミュレーションRPG3270エミュレーターコバヤシマル・シナリオ対話型シミュレーター

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android