コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミュンヘン演説

1件 の用語解説(ミュンヘン演説の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ミュンヘン演説

2月10日、ドイツミュンヘン開かれた安全保障に関する国際会議で、プーチン大統領は米国の単独行動主義を「何の問題も解決せず、人類に新たな悲劇と緊張をもたらした」と激しく批判。「国際紛争の解決で軍事力行使を正当化できるのは国連憲章だけだ」とし、NATO欧州連合(EU)単独の軍事力行使を改めて否定した。米国によるミサイル防衛システムの欧州配備の動きも「新たな軍拡につながる」とし、核軍縮への米国の取り組みの鈍さも批判。その上で、米ロが全廃した中距離核のロシア再配備を検討する可能性を示した。さらにNATOの東方拡大も「欧州の安全と関係のない重要な挑発要素だ」と非難し、「欧州大陸に新たな分断線、壁が現れており、その壁を崩すのには数世代かかるかもしれない」と警告した。

(2007-03-30 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミュンヘン演説の関連キーワードオルフキュビエハウスホーファーミュンヘンミュンヘン一揆ミュンヘン会談メンヘングラートバハワルネミュンデ

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone