コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミュージカルソー musical saw

デジタル大辞泉の解説

ミュージカル‐ソー(musical saw)

西洋鋸(のこぎり)を楽器として用いるもの。柄の部分を両ひざで挟み、左手先端をおさえて反りぐあいを加減して音高をとり、バイオリンの弓でひく。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ミュージカルソー【musical saw】

西洋鋸のこぎりの背をバイオリンの弓で弾いて楽器として使用したもの。鋸の柄を膝ひざではさみ、左手で鋸の先端を持ち、曲げ加減によって音高をとる。現在は演奏専用の刃のないものを用いる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android