コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミョウガガイ(茗荷介) ミョウガガイScapellum stearnsi

世界大百科事典 第2版の解説

ミョウガガイ【ミョウガガイ(茗荷介) Scapellum stearnsi】

完胸目エボシガイ亜目ミョウガガイ科の甲殻類。エボシガイ類中最大の種類で,体の長さは14cmに達する。頭状部にきば状に突出した殻板をもつ。名はその形による。相模湾以南の100m以深の深海底にある石や,海綿動物,腔腸動物など他動物の骨格に柄部で付着している。雌雄異体。雌は大きいが,雄は非常に小さく1mmくらいで,囊状をしており,ときおり,雌の外套(がいとう)腔の開口部下縁に付着しているのが見られる。 ミョウガガイ科Scalpellidaeは一般に深海底に広く分布し,多くの種類がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android