コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミョウガガイ(茗荷介) ミョウガガイScapellum stearnsi

1件 の用語解説(ミョウガガイ(茗荷介)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ミョウガガイ【ミョウガガイ(茗荷介) Scapellum stearnsi】

完胸目エボシガイ亜目ミョウガガイ科の甲殻類。エボシガイ類中最大の種類で,体の長さは14cmに達する。頭状部にきば状に突出した殻板をもつ。名はその形による。相模湾以南の100m以深の深海底にある石や,海綿動物腔腸動物など他動物の骨格に柄部で付着している。雌雄異体。雌は大きいが,雄は非常に小さく1mmくらいで,囊状をしており,ときおり,雌の外套(がいとう)腔の開口部下縁に付着しているのが見られる。 ミョウガガイ科Scalpellidaeは一般に深海底に広く分布し,多くの種類がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone