ミョウバン(明礬)(読み)みょうばん

百科事典マイペディアの解説

ミョウバン(明礬)【みょうばん】

狭義にはカリミョウバンKAl(SO42・12H2Oをいい,単にミョウバンといえばこれをさす。一般にはK(+/)の代りにNa(+/),NH4(+/),Rb(+/),Cs(+/),Tl(+/)などが結合した複塩をいい,代りになった陽イオンの種類によりそれぞれナトリウムミョウバン,アンモニウムミョウバンなどと呼ぶ。いずれも正八面体の無色の結晶で,カリミョウバンに似た性質をもつ。さらに広義にはAl3(+/)の代りに他の3価の金属のGa3(+/),In3(+/),Ti3(+/),V3(+/),Cr3(+/),Mn3(+/),Fe3(+/),Co3(+/)などが入ったものも含めていう(クロムミョウバン鉄ミョウバン)。これらには有色のものもあるが,いずれも正八面体の水に溶ける結晶。またTlCr(SeO42・12H2Oのように硫酸基の代りにセレン酸基の入ったものをセレンミョウバンという。
→関連項目うがい薬止血薬焼ミョウバン(明礬)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みょうばん【ミョウバン(明礬) alum】

MIMIII(SO4)2・12H2OまたはMI2MIII2(SO4)4・24H2Oの一般式で表される複塩の総称。MIは1価の陽イオン,MIIIは3価の陽イオンを表す。本来はMI=K,MIII=Alの場合,すなわちKAl(SO4)・12H2Oをミョウバンと呼んでいたが,上記の化学式で表される化合物はいずれも正八面体の結晶をつくりやすく,同じ立方晶系に属し,単位格子の大きさもほとんど変わらないことなどから,これらの総称として呼ばれるようになった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のミョウバン(明礬)の言及

【専売】より

…国あるいはその他の公権力が,なんらかの行政的な目的をもって,特定物品の生産あるいは販売を独占することをいう。専売は,その目的により,財政専売または収益専売と,行政専売または非収益専売とに分けることができる。前者は,政府等が特定の物品を独占的に生産・販売することによって財政収入を得ることを目的とするもので,タバコ,火酒(アルコール度の高い酒)などの専売がこれに当たる。この場合には,国民はその物品の購入に際して,政府の決定した価格による対価の支払を強制されるため,実質的には消費税を課したのと変わらない結果になる。…

※「ミョウバン(明礬)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android