コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミリンダ王の問 ミリンダオウノトイ

デジタル大辞泉の解説

ミリンダおうのとい〔‐ワウのとひ〕【ミリンダ王の問】

紀元前2世紀後半に西北インドを支配したギリシャ人の王ミリンダ(Milinda。メナンドロスとも)と、仏教の論師ナーガセーナとの仏教の教理についての問答や、王が教えに帰依した始終を対話形式で述べた書。紀元1世紀前半までに成立。那先比丘経(なせんびくきょう)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ミリンダ王の問の関連キーワードデービッズラオス文学パーリ文学早島 鏡正南伝大蔵経那先

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android