コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミルクイガイ(海松食貝) ミルクイガイ Washington clam

1件 の用語解説(ミルクイガイ(海松食貝)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ミルクイガイ【ミルクイガイ(海松食貝) Washington clam】

バカガイ科の二枚貝イラスト)。商品名ミルガイ。殻は卵形で,両殻間は大きく開いている。殻の長さ14cm,高さ9cm,膨らみ5.5cmになる。白色で黄褐色から暗褐色の厚い皮をかぶる。内面は黄白色。殻頂の下のかみ合せには大きい弾帯受けがあり,殻を開く働きをする黒い弾帯がのっている。軟体は後方へ太い水管を出す。出入水管は互いにくっつき,灰褐色の皮でおおわれている。この水管の上にミルが生えていたというのでミルガイまたはミルクイガイの名がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ミルクイガイ(海松食貝)の関連キーワードアカガイウバガイバカガイミルガイモガイ鏡貝姥貝馬鹿貝

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone