コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミルクイガイ(海松食貝) ミルクイガイWashington clam

世界大百科事典 第2版の解説

ミルクイガイ【ミルクイガイ(海松食貝) Washington clam】

バカガイ科の二枚貝(イラスト)。商品名ミルガイ。殻は卵形で,両殻間は大きく開いている。殻の長さ14cm,高さ9cm,膨らみ5.5cmになる。白色で黄褐色から暗褐色の厚い皮をかぶる。内面は黄白色。殻頂の下のかみ合せには大きい弾帯受けがあり,殻を開く働きをする黒い弾帯がのっている。軟体は後方へ太い水管を出す。出入水管は互いにくっつき,灰褐色の皮でおおわれている。この水管の上にミルが生えていたというのでミルガイまたはミルクイガイの名がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android