コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミルナ

百科事典マイペディアの解説

ミルナ

オカヒジキ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のミルナの言及

【オカヒジキ】より

…古くから食用野草として利用されているアカザ科の一年草。緑色の茎に円柱形で多肉の葉が互生し,海藻のヒジキ,ミルに似ているところから名がつき,オカミル,ミルナともいう。日本の至るところの海岸の砂地に自生し,また朝鮮,中国,シベリアからヨーロッパ南西部にも分布している。…

※「ミルナ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ミルナの関連キーワードアリストテレス・ソクラテス オナシスガンガイコンダチョーラプラムサンジャンドモーリエンヌ協定カーパーレーシュワラ寺院エーカンバラナータル寺院ラージャパーライヤムアティランバカム遺跡クマリアンマン寺院ビベーカーナンダ岩パドマナーバプラムサザンガーツ山脈サランガパニ寺院パーラヤンコタイダーラースラムカニャークマリラーメスワラムクラウディウスロックフォートマリーナビーチミーナクシー寺

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android