コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミレニアム開発目標(MDGs)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ミレニアム開発目標(MDGs)

00年9月の国連サミットで189カ国が21世紀の国際社会の目標として「国連ミレニアム宣言」を採択し、その後、様々な開発目標を統合したもの。極度の貧困と飢餓撲滅初等教育の普及達成などの8分野18項目で、15年までに達成する目標を定めている。

(2008-09-27 朝日新聞 朝刊 2外報)

ミレニアム開発目標(MDGs)

開発分野における国際社会の共通目標。2000年の国連サミットで採択された「国連ミレニアム宣言」に基づいて決められた。(1)極度の貧困や飢餓の撲滅(2)初等教育の完全普及(3)女性の地位向上(4)乳幼児死亡率削減(5)妊産婦の健康の改善(6)HIVやマラリアの流行防止(7)環境の持続可能性確保(8)開発のためのグローバルな連携推進――の八つの分野で、15年末を期限として、具体的な目標と指標を定めた。ほとんどの指標は90年を基準としている。

(2015-07-08 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

ミレニアム開発目標(MDGs)の関連キーワードSDGs(Sustainable Development Goals)持続可能な開発目標(SDGs)国連ミレニアム開発目標国連持続可能な開発会議国際金融ファシリティー革新的資金メカニズムジェレミー ホッブズ国際金融ファシリティフューチャー・アースミレニアム開発目標持続可能な開発目標エイズ(AIDS)国連工業開発機関ESD(教育)性(sex)国連児童基金国連環境計画食料安全保障ジェンダー累積債務

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ミレニアム開発目標(MDGs)の関連情報