ミレーユ ダルク(英語表記)Mireille Darc

20世紀西洋人名事典の解説

ミレーユ ダルク
Mireille Darc


1938.5.15 -
女優。
トゥーロン(南フランス)生まれ。
生地のコンセルヴァトワールで演劇を学び、19歳でパリへ行き舞台デビューする。1960年映画デビューし、’65年「恋するガリア」で爆発的人気を得る。監督ジョルジュ・ロートネルの愛人と騒がれるが、’69年「ジェフ」で共演したアラン・ドロンと恋人となり、さらに彼女が書き下ろした小説が原作の「栗色のマッドレー」でも共演する。その後、体調をくずし、事故にあい不調が続くが、’82年カムバックする。他の作品に「何がなんでも首ったけ」(’61年)、「チェイサー」(’77年)など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android