コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミロス[島] Mílos

1件 の用語解説(ミロス[島]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ミロス[島]【Mílos】

エーゲ海のキクラデス諸島に属する火山島。古名メロスMēlos。良質の黒曜石を産することで知られる。前7世紀以来彫刻の制作および窯業が盛んに行われ,アルカイク時代のクーロス像,独特の装飾をもつ大型の壺,いわゆる〈メロスのアンフォラ〉,前5世紀に大量につくられた素焼の浮彫板は,ギリシア美術史の中で特異な地位を占めている。1820年に発見されたアフロディテ大理石像,いわゆる《ミロのビーナス》(前2世紀。ルーブル美術館)は,ヘレニズム時代の同島における彫刻活動を伝えるもの。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ミロス[島]の関連キーワードイオス島エーゲ海キクラデス諸島シフノス島スポラデス諸島ティノス島パロス島スコペロス島ネアカメニ島パレアカメニ島

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone