コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミンタカ[峠] Mintaka Pass

世界大百科事典 第2版の解説

ミンタカ[峠]【Mintaka Pass】

パキスタン,アフガニスタン,中国の3国国境交会部近くの峠。標高4706m,カラコルム山脈とパミール高原との接点にあたるアギール山脈中にある。同峠は,現在の新疆ウイグル(維吾爾)自治区南西端のオアシス交易都市として栄えたタシュクルガン(塔什庫爾干)から,フンザ,ギルギットを経てカシミールに至る最短路上に位置し,古くから中央アジアとインドとを結ぶ交易路として利用されてきた。5世紀初めには法顕(ほつけん)がここを通り,1902年に第1回大谷探検隊がここを通ってタシュクルガンからスリーナガルに出ている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のミンタカ[峠]の言及

【カラコルム[山脈]】より

…河岸段丘上の小平地には灌漑農業によって集落が成立し,フンザ川のバルティットは小王国の首邑となったが,土地の高さ,けわしい地形,きびしい気候のため人間が住める土地は少ない。中央アジアとインドを結ぶ長距離隊商交易が東のカラコルム峠(喀喇昆侖山口,5570m),西のミンタカ峠(明鉄蓋達坂,4709m)などを越えて行われてきた歴史がある。カシュガル(喀什)からフンジェラブ峠(紅其拉甫達坂,4703m)を越えてフンザ川の谷を下りギルギットに至る,中国とパキスタンを結ぶ最初の自動車道路が,両国の協力によって1978年に開通している。…

※「ミンタカ[峠]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android