コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミンダナオの紛争

1件 の用語解説(ミンダナオの紛争の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ミンダナオの紛争

人口の9割がキリスト教徒フィリピンからの分離独立を目指し、70年、イスラム教徒らがミンダナオで「モロ民族解放戦線(MNLF)」を結成。政府軍と激しい戦闘を繰り広げた。78年に「モロ・イスラム解放戦線(MILF)」が分離。兵力は1万余りとされる。何度かの停戦と交渉を経てMNLFと政府は96年、和平協定に調印した。武装闘争を継続したMILFも、03年に停戦合意。マレーシアの仲介で05年に政府と部分合意し、和平への期待が高まっている。

(2006-01-14 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミンダナオの紛争の関連キーワードフィリピン海フィリピン海溝伴天連比国フィリピン海プレートフィリピン諸島フィリピン鷲耶蘇キリスト教徒フィリピン毛頭虫感染

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone