コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミンナ Minna

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミンナ
Minna

ナイジェリア中西部の都市。ザリア南西約 200kmに位置。 1912年鉄道開通後,綿花,ナンキンマメヤムイモキャッサバ,シェアナッツ,ギニアコーン,ミレットなどの集散地として繁栄。綿織物,ヤシの葉で編んだマット,籠,製陶,真鍮細工などの伝統工芸がある。人口 12万 200 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ミンナの関連キーワードレッシング(Gotthold Ephraim Lessing)ワーグナー(Wilhelm Richard Wagner)シヤメン=シャントウ(厦門・汕頭)方言ミンナ・フォン・バルンヘルムカール ギェレルプフィンランド文学ミン(閩)方言アッケルマンエクウェンシギェレループババンギダ渥美 国泰3月19日小池 堅治ギェレルプレッシングタアサイ七年戦争台湾語

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android