コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミーミル

百科事典マイペディアの解説

ミーミル

北欧神話の巨人。ミーミ,ミームとも。イグドラシルの根元にある知恵の泉を掘り,その水を飲むため最も賢く,常にオーディンの相談役。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のミーミルの言及

【バン神族】より

…彼は身の丈すぐれ非常に美しい男だった。さらにアース神はミーミルMímirという知恵の固まりのような男を送った。これに対してバン神族はクバシルKvasirというその軍勢の中で一番賢い男を立てた。…

※「ミーミル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ミーミルの関連キーワードお湯物語 贅沢泡とろ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android