コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミーラー・バーイー Mīrā Bāī

世界大百科事典 第2版の解説

ミーラー・バーイー【Mīrā Bāī】

1499‐1546
16世紀インドの女流詩人。熱烈なクリシュナ信徒として知られ,数々の伝説に包まれた人物。メールター国の王女に生まれ,1516年にメーワール国のボージュラージュ王子に嫁すが,数年で夫に先立たれ,また次々と父,義弟などの近親者を病と戦乱で失い,現世から離れてゆく。そのとき彼女が心に描いてすがったのが,ビシュヌ神の化身クリシュナである。ミーラー・バーイーがクリシュナを夫に見立てて熱烈に信仰し,苦行者,信仰者と行をともにすることが多くなると,婚家の人たちの不興を買い,さまざまな迫害をうけたという。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のミーラー・バーイーの言及

【インド文学】より

…ラーマ信仰の作品では,トゥルシーダースの叙事詩《ラーム・チャリット・マーナス》,ナーバーダースの《バクト・マール(熱烈信仰者列伝)》(16世紀末)などが今日なお親しまれている。クリシュナ信仰の主要作品には,ビディヤーパティの《パダーワリー(賛歌集)》,スールダースの《スール・サーガル》,ミーラー・バーイーの《パダーワリー》(16世紀)などがある。ラーマ信仰文学もクリシュナ信仰文学も,それぞれの教団・教派の僧の手になるものが多いが,世俗の信徒の寄与も大きい。…

【ヒンドゥー教】より

…北インドでは,神の唱名を繰り返す唱歌から発達したバジャンによって信仰が広められた。女流詩人ミーラー・バーイー(1498ころ‐1563ころ)は,シバ信仰の家柄に生まれたが,クリシュナへの信仰に篤く,神の前に座し,神に話しかける形の,地方語で書かれた詩はたいへん美しく,現在なお愛唱されている。また有名なトゥルシーダースカビールなどもバジャンの音楽様式の発展に大きく貢献している。…

※「ミーラー・バーイー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ミーラー・バーイーの関連キーワードミーラー・バーイー

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android