コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミールザー・タキー・ハーン Mīrzā Taqī Khān

1件 の用語解説(ミールザー・タキー・ハーンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ミールザー・タキー・ハーン【Mīrzā Taqī Khān】

?‐1852
イランカージャール朝中期の改革的政治家。通称アミールカビールAmīr Kabīr。同朝第3代のモハンマド・シャーの宰相カーエム・マカームの料理人の子として生まれたが,主家の引立てアゼルバイジャン州の要職を歴任した。1848年,ナーセロッディーン・シャーの即位と同時に宰相に就任,近代化政策を断行した。バーブ教の宗教運動で社会的に混乱し,財政の枯渇と軍隊の脆弱で揺らぐカージャール朝体制を立て直すために伝統産業,とくにヨーロッパの綿製品の輸入で打撃をうけた織物業を保護育成し,ガラス,砂糖,武器製造の新産業の振興に努めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ミールザー・タキー・ハーンの関連キーワードカージャール朝ジャージー島ジャーミーテヘランパフラビー朝ニュージャージーステージマネージャープレジャーティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイオペロンジャージ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone