コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムアーウィヤ[1世] Mu‘āwiya I

世界大百科事典 第2版の解説

ムアーウィヤ[1世]【Mu‘āwiya I】

?‐680
ウマイヤ朝の創建者でその初代カリフ。在位661‐680年。父は預言者ムハンマドに敵対したメッカのクライシュ族ウマイヤ家の指導者アブー・スフヤーン。633年の秋,異母兄ヤジードの軍に従ってシリア征服に向かい,639年,ヤジードの死で,ウマル1世によりシリア総督(アミール)に任命された。ウスマーンのカリフ就任後は,地中海に進出するなどしてシリアでの支配を固めた。656年にウマイヤ家出身のカリフ,ウスマーンが殺されると,その血の復讐を叫んで4代カリフ,アリーと対決した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のムアーウィヤ[1世]の言及

【ウマイヤ朝】より

…ウマイヤ家のムアーウィヤ1世がダマスクスを首都として建設したイスラム王朝(図)。661‐750年。…

【駅伝制】より

…【長谷川 博隆】
[イスラム社会]
 イスラム社会の駅伝制はバリードbarīdと呼ばれる。ウマイヤ朝の初代カリフ,ムアーウィヤ1世(在位661‐680)がササン朝ペルシアやビザンティン帝国の駅伝制を踏襲し,第2次内乱(683‐692)を平定した第5代カリフ,アブド・アルマリク(在位685‐705)はこれを組織化して帝国統治のかなめとした。アッバース朝時代になるとバリードはさらに重要な政府機関となり,第2代カリフ,マンスール(在位754‐775)はバグダードに駅伝庁dīwān al‐barīdを設置するとともに,地方の主都にも駅伝局を置いてそれぞれに腹心の部下を配した。…

【シリア】より

…その結果,シリアはアラブ・ムスリムの支配を承認し,税の支払と敵対的行動の停止と引換えに信仰の自由と財産の保障を各地の共同体は得た。
【ウマイヤ朝・アッバース朝時代】
 639年以来シリア総督であったウマイヤ家のムアーウィヤ1世は,661年にカリフを宣しダマスクスを都として北アフリカからペルシアに至る広大な国家の支配者となった。ムアーウィヤ1世に始まるウマイヤ朝(661‐750)はシリアを直轄領とし,灌漑を整備して農業を振興し,海軍を建設して地中海を制し,地中海貿易にも力を入れた。…

※「ムアーウィヤ[1世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ムアーウィヤ[1世]の関連キーワードフサインムアーウィヤピピン[2世]ムアーウィヤウマイヤ朝コンスタンチヌス4世フサイン・イブン・アリームアーウィヤ1世コンスタンティノス(4世)コンスタンティノープル公会議

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android