コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムカシエビ(昔蝦) ムカシエビ

1件 の用語解説(ムカシエビ(昔蝦)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ムカシエビ【ムカシエビ(昔蝦)】

原エビ上目(厚エビ上目,ムカシエビ上目)ムカシエビ目Bathynellaceaの小型甲殻類の総称。地下水や洞穴内の淡水にすんでいる。このため眼をもたない。体は細長く体長1~2mmくらい,白色で半透明。原エビ類は一見,端脚類のように見えるが,原エビ類では胸脚が遊泳用の外肢をもち,二枝型をしており,腹部には腹肢をもつものと,もたないものとがある。尾節は尾肢とともに尾扇をつくるが,尾節に尾叉のあるものもあるなど,軟甲亜綱の一員であることを示すと同時に,原始的な形をとどめている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のムカシエビ(昔蝦)の言及

【洞窟】より

…したがって,この特異な環境に適応できる動物群はひじょうに限定され,そのすべてが腐食性か肉食性である。代表的なものに,脊椎動物ではホライモリやメクラウオ,昆虫類のメクラチビゴミムシやホラトゲトビムシ,多足類のシロオビヤスデ,甲殻類のムカシエビやメクラヨコエビ,蛛形(ちゆけい)類のメクラツチカニムシやホラヒメグモ,巻貝のミジンツボ,扁形動物のホラアナウズムシなどがある。一般に皮膚が薄く,色素が消失して体色が淡くなり,目が退化してなくなり,昆虫類では羽もなくなっている。…

※「ムカシエビ(昔蝦)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ムカシエビ(昔蝦)の関連キーワードアカエビアマエビホッコクアカエビえびの昔方人赤蝦上目遣い桜蝦インドエビバナナエビ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone