コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムカシトンボ(昔蜻蛉) ムカシトンボEpiophlebia superstes

世界大百科事典 第2版の解説

ムカシトンボ【ムカシトンボ(昔蜻蛉) Epiophlebia superstes】

トンボ目ムカシトンボ科の昆虫で,中生代ジュラ紀ころに栄えた絶滅群のムカシトンボ亜目の遺存種である(イラスト)。日本特産種で,北海道から鹿児島県まで見られる。体長約50mm,後翅長約38mm,一見サナエトンボ科の種に似るが,翅は基部で細まり,翅脈相は均翅亜目のものに近い。幼虫は山間の渓流の石れき間の低水温の環境にすみ,その期間は7~8年にわたると想像される。4~5月に羽化し,渓谷の上空を飛翔(ひしよう)する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のムカシトンボ(昔蜻蛉)の言及

【トンボ(蜻蛉)】より

サナエトンボムカシヤンマヤンマオニヤンマ,トンボ(シオカラトンボハッチョウトンボアカトンボコシアキトンボチョウトンボなどを含む)などの各科が含まれる。ムカシトンボ類は翅形翅脈は均翅類型である。 最古のトンボは古生代上部石炭紀のころから知られ,巨大な(翅を開くと60cmに達する)種類も記載されている。…

※「ムカシトンボ(昔蜻蛉)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android