ムキタケ(剥茸)(読み)ムキタケ(英語表記)Hohenbuehelia serotina

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムキタケ(剥茸)
ムキタケ
Hohenbuehelia serotina

担子菌類マツタケ目シメジタケ科。秋に,ニレなどの広葉樹の枯れた幹に生じる。子実体は多数重なり合って生じることが多い。その傘は径3~10cmの半円形,腎臓形,類円形で,初めは丸山形であるがのちには扁平に開く。表面には汚黄色または黄褐色膠質の層を有する膜があり,湿っているときには粘りけがある。この膜は容易にはぐことができるのでこの名がつけられた。柄は傘の一側に着生し,黄褐色の細毛をかぶり,傘に比しては太く,長さ 1.5~3.5cm,径 1.5~4cmである。胞子紋は白色。食用となり美味である。北海道,本州に産し,広くヨーロッパ,北アメリカ,オーストラリア,小アジアシベリアに分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android