コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムギツク(麦突) ムギツク Pungtungia herzi

1件 の用語解説(ムギツク(麦突)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ムギツク【ムギツク(麦突) Pungtungia herzi】

コイ目コイ科の淡水魚モント(兵庫県円山川),ムギー(山口県),ニナスイ(大分県)などとも呼ばれる。日本(琵琶湖・淀川水系以西の本州と九州北部)と朝鮮半島に分布。河川の中流域の石の多いよどみなどにすむ。石の下や岩の裂け目などに潜み,ときどき出て石などの側壁に沿ってゆっくり泳ぎながら餌をあさる。餌は水底や石の間などにすむ昆虫の幼虫などの小動物。水中で発音する習性のあることが知られている。産卵期は5~6月で,雌雄1対で産卵行動を行う。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ムギツク(麦突)の関連キーワードソウギョフナ油鮠諸子似鯉

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone