コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムギマキ(麦蒔) ムギマキmugimaki flycatcher

世界大百科事典 第2版の解説

ムギマキ【ムギマキ(麦蒔) mugimaki flycatcher】

スズメ目ヒタキ科ヒタキ亜科の鳥(イラスト)。東シベリアサハリンで繁殖し,中国南部,インドシナボルネオなどで越冬する。日本には旅鳥として春秋の渡りの途中に通過する。全長約13cm,雄は体の上面が黒く,眼の横と肩に白斑がある。下面赤橙色。雌の上面は褐色で下面の赤みも淡い。他のヒタキ類と同様,空中で小昆虫を捕食する。江戸時代には小燕(こつばめ)の名で飼われていたことがある。ムギマキの名は,秋の麦まきのころに多く渡ってきたのでつけられたらしいが,はっきりしたことはわからない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のムギマキ(麦蒔)の言及

【戌の日】より

…十二支の戌にあたる日をいい,吉凶さまざまな俗信がある。妊婦が妊娠5ヵ月目の戌の日に岩田帯をする風習は広い。これは犬が多産で産が軽いと信じられたためだが,戌の日にお産をすれば安産だとか,この日に夫婦が交われば妊娠するともいう。また麦作地帯では,戌の日に麦まきすると〈犬食わず〉といい,その麦を食えずに死ぬ者が出るといって嫌う。この禁忌が穀物将来説話と結びつけて語られる場合も多くみられる。昔,弘法大師が唐に行った時,麦を竹の杖の中に隠して持ち出そうとした。…

※「ムギマキ(麦蒔)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android