コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムクノキ(椋) ムクノキ Aphananthe aspera (Thunb.) Planch.

1件 の用語解説(ムクノキ(椋)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ムクノキ【ムクノキ(椋) Aphananthe aspera (Thunb.) Planch.】

暖地の沿海地に多いニレ科の落葉大高木(イラスト)。老木の樹皮が鱗片状にはげ落ちる。漢名は糙葉樹。ムクエノキともいう。幹は高さ30m,径1.5mに達し,まっすぐで,ときに基部が板根状になる。樹皮は灰褐色で斑紋があり,若枝はざらつく。葉は2列に互生し,卵状披針形で長さ4~10cm,先は長くとがる。3本の主脈があり,中央の主脈から出る側脈はまっすぐ縁の鋭い鋸歯端に入る。葉面に短い剛毛があって,著しくざらつく。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ムクノキ(椋)の関連キーワードヒッコリー秋楡烏山椒雁皮たむしば春楡おひょう科の木椋の木

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone