コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムサワラット・エス・スフラ Musawarat es Sufra

1件 の用語解説(ムサワラット・エス・スフラの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ムサワラット・エス・スフラ【Musawarat es Sufra】

スーダン民主共和国のブタナButana砂漠にある遺跡。メロエの南西約100kmに位置する。宮殿を中心に神殿,官吏や神官の住居,厩,交易所,アレーナ(闘技場)などが取り巻き,メロエとならぶクシュ王国最大の遺跡である。1960年代に〈ライオン神殿〉が発掘され,灌漑設備などが新たに見いだされた。カンダケCandake,ナルダマクNaldamak,アマニテレAmanitereなど,ここを支配した女王の名前も知られている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ムサワラット・エス・スフラの関連キーワードコンゴ川ドイツ民主共和国ドイツ連邦共和国バンギブラザビルザイールコンゴ東独リンガラミュージック

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone