コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムシトリスミレ(虫取菫) ムシトリスミレPinguicula vulgaris; bog violet

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムシトリスミレ(虫取菫)
ムシトリスミレ
Pinguicula vulgaris; bog violet

タヌキモ科の多年草で,食虫植物の一つ。北半球寒帯に広く分布し,日本では高山植物として有名である。高山の湿った岩壁や湿原に生える。茎はなく,葉は長さ3~5cmの長楕円形ないし狭卵形で短い柄があり,数枚が根生してロゼット状に広がる。葉は淡緑色で,縁はやや内側へ曲り,葉面には無数の小腺毛があって,これから粘液を出し小昆虫を捕える。夏,葉の間から1~3本の花茎を出し,その先端に鮮紫色の花を1つずつ横向きにつける。花の形がスミレに似ているので,この名がある。おしべ2本とめしべ1本があり柱頭は広がっている。果実は球形の 蒴果で,種子は淡褐色で細かい。近縁種コウシンソウ (庚申草) がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ムシトリスミレ(虫取菫)の関連キーワードタヌキモ科

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android