コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムシロガイ(筵貝) ムシロガイ Niotha livescens

1件 の用語解説(ムシロガイ(筵貝)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ムシロガイ【ムシロガイ(筵貝) Niotha livescens】

オリイレヨフバイ科の巻貝(イラスト)。殻は卵円形で堅固で,高さ2cm,径1.2cmくらい。巻きは円錐形に高くなり,7階。縦に肋が約20本あり,これに螺肋(らろく)が交わる。これがむしろのように見えるのでこの名がある。黄白色で縫合の下や周縁には黒褐色帯がある。殻口は丸みがあり,外方の縁は厚く軸側には白い滑層が広がる。殻口の上下の端は短く溝状になる。ふたは黄色で薄い。軟体の足は長く,後端に2本の感覚突起がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ムシロガイ(筵貝)の関連キーワードエゾバイエゾボラエッチュウバイオオエッチュウバイバイバイラス不買越中蛽逆巻貝バイラス病

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone