ムスタファー・カーミル(英語表記)Muṣṭafā Kāmil

世界大百科事典 第2版の解説

ムスタファー・カーミル【Muṣṭafā Kāmil】

1874‐1908
エジプトの民族主義者。1891年カイロの法律学校を卒業してパリへ遊学。帰国後アラービー革命(アラービー運動)挫折で低迷する民族運動の再建に尽力した。1900年日刊紙《リワーLiwā’(旗)》を発刊し,占領を革命で打破せよとの論陣を張り,大衆の民族感情を鼓舞した。1906年デンシワーイ事件が占領下の恥辱をさらけだすや,国際的にイギリスによる占領糾弾のキャンペーンを展開,イスラム諸国やエジプトをめぐり,イギリスに対立するフランスやオスマン帝国との関係緊密化を図った。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android