コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムスリム五王国 ムスリムごおうこく

世界大百科事典 第2版の解説

ムスリムごおうこく【ムスリム五王国】

15世紀末から16世紀初めにかけて,インドのデカンに成立したムスリムの五つの王国。14世紀半ばにデカンに成立したバフマニー朝は15世紀末ごろ衰退し,各地の総督は次々と独立していった。その五王国は次のとおりである。(1)ベラール州総督ファトフッラー・イマードル・ムルクのイマード・シャーヒー‘Imād Shāhī王国(1484‐1572),(2)ベルガウム州総督ユースフ・アーディル・ハーンのアーディル・シャーヒー‘Ādil Shāhī王国(1489‐1686),(3)ダウラターバード州総督のアフマド・ビン・ニザームル・ムルクのニザーム・シャーヒーNiẓām Shāhī王国(1489‐1636),(4)テレンガナ州総督スルタン・クリー・クトゥブル・ムルクのクトゥブ・シャーヒーQuṭb Shāhī王国(1512‐1687)の4王国がまず独立した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ムスリム五王国の関連キーワードアーディル・シャーヒーイマード・シャーヒービジャープルフィリシュタインド史