コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムナグロ(胸黒) ムナグロ lesser golden plover

1件 の用語解説(ムナグロ(胸黒)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ムナグロ【ムナグロ(胸黒) lesser golden plover】

チドリ目チドリ科の鳥(イラスト)。全長約24cm。東シベリアおよび北アメリカ北部のツンドラ帯で繁殖し,冬は南アジアオーストラリア南アメリカなどに渡る。日本にはおもに旅鳥として渡来するが,小笠原群島や沖縄南部では越冬するものも多い。くちばしは短くて先が少し膨れている。夏羽は体の上面が黄褐色と黒色の斑で,眼先き,顔,前頸(ぜんけい),胸,腹は黒く,額から眉斑,胸側,脇をつなぐ線は白い。冬羽は顔から腹にかけての黒色がなくなり,下面は淡黄褐色の地に黒褐色の縦斑と横紋がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ムナグロ(胸黒)の関連キーワード千鳥鵤千鳥川千鳥小千鳥白千鳥友千鳥百千鳥烏帽子鳥白鰺刺目大千鳥

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone