コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムハマディヤ Muhammadiyah

世界大百科事典 第2版の解説

ムハマディヤ【Muhammadiyah】

1912年に結成されたインドネシアのイスラム改革をめざす社会団体。以来,今日に至るまで,イスラム社会の近代化を推進する団体として各種の活動を続けている。団体の創設者は,ダッフランというジョクジャカルタ王家の宗教役人であったが,その後ファフルディンが指導して,ジャワ北岸の都市のイスラム商人や西スマトラの各地に支持者を得,〈パン・イスラム主義〉と呼応して拡大した。狭義の宗教学校に加えて,一般教育のための教育機関,孤児院,診療所を開設するなど,〈コーランの教えにしたがって〉各種の社会運動を展開した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のムハマディヤの言及

【マシュミ党】より

…日本軍政下の1943年11月,イスラム諸勢力を結集したインドネシア・イスラム協議会(マシュミMasyumiはこの協議会の略称)として設立され,独立後の45年11月,ジョクジャカルタにおいてイスラム系の政党として結成された。この政党は,イスラム近代派(植民地時代のイスラム系の諸政党やイスラム系社会団体ムハマディヤの系列)と,東ジャワを中心とする伝統的イスラム派の双方を含んでいたが,52年に後者は分裂してナフダトゥル・ウラマを結成した。マシュミ党は,西ジャワ,スマトラ,スラウェシに勢力をもち,55年の第1回総選挙では国民党に次ぐ得票数を獲得したが,60年9月,スマトラ反乱に荷担したかどで大統領命令により解散させられた。…

※「ムハマディヤ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ムハマディヤの関連キーワードスディルマンマシュミ党MIAI

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android