コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムハリ Mukhali

世界大百科事典 第2版の解説

ムハリ【Mukhali】

?‐1223
モンゴル帝国創業の功臣。ジャライル部の人。チンギス・ハーンの苦難時代からこれを助けてその覇業に貢献し,ボオルチュ,ボロクル,チラウンとともに四傑と称せられた。1206年チンギス・ハーンはモンゴル高原を統一すると,麾下(きか)の遊牧民を95の千戸に再編成し,これを西のアルタイ山方面の右手の万戸と東の興安嶺方面の左手の万戸に振り分けたが,ボオルチュは右手の,ムハリは左手の指揮官に任じられた。西方遠征を図るチンギス・ハーンは17年ムハリに中国方面の全権を委任,以後彼は左翼軍団を率いて中国北部各地を転戦し,23年山西の聞喜県で病没した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ムハリの関連キーワード世界のおもな博物館パット フランクバイジュ(拝住)チンギス・ハーンアムハラ語アムハラ族石抹也先史天沢厳実

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android