コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムラサキウニ(紫海胆)(読み)ムラサキウニ(英語表記)Anthocidaris crassispina

世界大百科事典 第2版の解説

ムラサキウニ【ムラサキウニ(紫海胆) Anthocidaris crassispina】

ウニ綱ナガウニ科の棘皮(きよくひ)動物(イラスト)。本州中部以南,香港,台湾に分布し,低潮線から水深20mまでの浅海岩礁の間や石の下にすむ。の直径4~7cm,高さ3cm内外で,やや扁平な半球形をしている。体表とげともに黒紫色で,長いとげは殻径とほぼ同長で先端がとがり,殻の間歩帯と歩帯の無孔部とに2縦列に並んでいる。間歩帯ではその中央と両側に中位のとげの列がある。管足には三叉状や棒状骨片を含んでいて,1個の殻板に5~8対が弧状に並んでいる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のムラサキウニ(紫海胆)の言及

【キタムラサキウニ】より

…海藻を食べるのでコンブやワカメなどの有用海藻に害を与えるが,食用としての経済価値が高い。近縁種のムラサキウニAnthocidaris crassispinaは本州中部以南に分布し,管足の骨片が三叉状,または棒状であることでキタムラサキウニと区別される。生殖時期は6~8月で,生殖巣は食用にされる。…

※「ムラサキウニ(紫海胆)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報