コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムラサキウニ(紫海胆) ムラサキウニAnthocidaris crassispina

世界大百科事典 第2版の解説

ムラサキウニ【ムラサキウニ(紫海胆) Anthocidaris crassispina】

ウニ綱ナガウニ科の棘皮(きよくひ)動物(イラスト)。本州中部以南,香港,台湾に分布し,低潮線から水深20mまでの浅海岩礁の間や石の下にすむ。の直径4~7cm,高さ3cm内外で,やや扁平な半球形をしている。体表とげともに黒紫色で,長いとげは殻径とほぼ同長で先端がとがり,殻の間歩帯と歩帯の無孔部とに2縦列に並んでいる。間歩帯ではその中央と両側に中位のとげの列がある。管足には三叉状や棒状骨片を含んでいて,1個の殻板に5~8対が弧状に並んでいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のムラサキウニ(紫海胆)の言及

【キタムラサキウニ】より

…海藻を食べるのでコンブやワカメなどの有用海藻に害を与えるが,食用としての経済価値が高い。近縁種のムラサキウニAnthocidaris crassispinaは本州中部以南に分布し,管足の骨片が三叉状,または棒状であることでキタムラサキウニと区別される。生殖時期は6~8月で,生殖巣は食用にされる。…

※「ムラサキウニ(紫海胆)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android