コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムラサキサギゴケ(紫鷺苔) ムラサキサギゴケMazus miquelii

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムラサキサギゴケ(紫鷺苔)
ムラサキサギゴケ
Mazus miquelii

ゴマノハグサ科の多年草。日本全域,いたるところの野原や田のあぜ道,都会地の路傍などにみられる。長い匍匐枝を伸ばしてよく繁殖する。根葉はロゼット状で柄があり,長さは柄とともに4~7cmの長楕円形で柄には翼がある。春から夏にかけて,高さ5~10cmの花茎を出し数個の花を開く。花冠は唇形で淡紫色,長さ 1cmほどで下唇は特に大きく,先が3つに分れて,基部に黄褐色の2本の縞が目立つ。花が白色のものを単にサギゴケまたはサギシバ M. miquelii form. albiflorusといい,しばしば観賞用に栽培する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ムラサキサギゴケ(紫鷺苔)の関連キーワードトキワハゼ

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android