コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムラサキシキブ(紫式部) ムラサキシキブCallicarpa japonica; Japanese beautyberry

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムラサキシキブ(紫式部)
ムラサキシキブ
Callicarpa japonica; Japanese beautyberry

クマツヅラ科の落葉低木で,アジア東部の温帯から暖温帯に広い分布をもつ。北海道南部から本州,四国,九州の山林に普通にみられる。高さ1~2mで小枝は丸く,幼木時には細かな星状毛があるが,のちには無毛になる。葉は長さ6~12cmの楕円形ないし長楕円形で短い柄をもち,縁には微細な鋸歯があって下面には黄色の腺点がある。初夏から夏に,葉腋集散花序をなして淡紫色の小花を多数つける。萼は鐘形で5裂。花冠は浅く4裂し,外面に通常微細毛および腺点がある。おしべは4本で花冠より長い。果実は球形の液果で,秋に美しい紫色に熟する。ミムラサキ (実紫) の名もある。近縁種ヤブムラサキ (藪紫) ,シマムラサキなどがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ムラサキシキブ(紫式部)の関連キーワードクマツヅラ科水星

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android